» 未分類のブログ記事

美容整形を経験した人、もしくは美容に詳しい人なら聞いたことのある「ダウンタイム」。美容整形について詳しくブログを書いている人がいて、そこの記事の中でダウンタイムについて知るようになったのですが、どんなものかご存知でしょうか?

 

たとえば、あごを短くするVライン整形を行ったとします。骨を削る手術ですから、ほとんどの病院で全身麻酔をして字手術をすることになります。手術をして、すぐにあごがすっきりすると思いますか?答えはノーです。手術後は、あご周りがまず腫れ上がってバンドで固定しないといけないほどです。また、食べ物も自由に食べることはできません。

 

スープや、やわらかいおかゆなどを数日食べることになります。もちろんお酒もNGです。3日ほどたつと、鈍痛は少しずつひいてきますが、今度はあざが見えてきて、むくみもひどくなり始めます。

 

人によっては、にきびができ始めたりお肌に何らかのトラブルが出ることも少なくないようです。1週間たつと、バンドをはずして生活出来るようになり、少し固いものも食べられるようになり、むくみもひいて外出できるまでになります。だいたい14日から1ヶ月で通常の生活に戻り、2ヶ月たつと手術の成果を感じられるようになります。

 

この手術が終わってから、腫れやむくみ、痛みなどが引いた状態になるまでの期間をダウンタイムと呼びます。整形について詳しく知らないと、ダウンタイムを考慮して予定を立てないと、手術のことを誰にも知られたくなかったとしても、バレてしまう可能性が大いにあります。場合によっては、会社を休むことも必要になってきます。

 

整形の規模が大きいほど、ダウンタイムも長くなるので、プチ整形程度であれば10日もあればダウンタイムは終わってしまうことも多いです。
なかには、ダウンタイムを知らずに、晴れがひどいことを整形に失敗してしまったのでは。と嘆く方がいますが、手術後さらによくなるためのプロセスですので心配はいりませんが、術後かなりの日数がたっても、腫れがひかなかったりあざが残る場合は、すぐに執刀医に連絡をして、みてもらうのがよいです。

美容整形といえば、真っ先に浮かんでくるのが、整形大国の韓国です。日本より安い値段で、最新の技術を使った整形が受けられることでも有名ですよね。また、韓国では高校を卒業と同時にお祝いとして両親から美容整形を受けるためのお祝いをもらうところもあるのだとか!

 

就職にまで、顔の左右差が影響するみたいですからね。美容に関しては、日本より力を入れていることで、気軽に整形外科に入れる雰囲気なのも、ありがたいところです。

 

整形外科で働いている勧告の方も、肌がとってもきれいです。そして、その情報をいち早く取り入れている美容に熱い女性たちは、こぞって韓国で美容整形を受けています。

 

日本から、韓国に美容整形を受けに行く人も多い中で 、最近人気の美容整形メニューを紹介したいと思います。

 

ここ最近特に人気なのが、女優さんのようなつるっと光をまとったような肌になれる「水光注射」です。

 

イメージとしては、綾瀬はるかさんの肌を思い出していただきたいのですが、ハリがあって若々しく、しかも光のオーラをまとったような健康的でみずみずしいお肌ですよね。しかも、この水光注射はダウンタイムが10日前後と長くなく、年末年始やお盆の期間を使って、手軽に受けることができるメニューです。

 

また、整形と聞くとどうしても、失敗したときのことを考えてしまいがちですが、肌に注射を打つだけなので失敗もなく、肌を美しくしたいときに受けられるコースです。結婚式や、大きなイベントを控えている方も、受けられるのが多いのだそう。施術としては、肌に麻酔クリームを塗り(医院によっては、静脈麻酔で眠っている間に受けられることろもあるそうです。)ヒアルロン酸をお顔に注射していきます。

 

手打ちと、機械での注射の2種類で、手打ちのほうが細かく執刀医と相談しながら打つことができるので人気だそう。打ち終わった後は顔がぼこぼこになり、赤くなりますが、2週間もすると新しい肌に生まれ変わったかのように、ツヤツヤのお肌になります。値段は、使うヒアルロン酸や手打ちか機械打ちによって変わるのですが、大体4万円前後のところが多いようです。

最近、顔の整形だけでなく、自分のボディも好きなようにデザインして手術を行うことが可能なのだそうです。もしかすると、大人気のアイドルもダイエットしていますや、エステサロンに通っていますと、話していても、本当のところは美容整形でそのボディを手に入れているかもしれないというのです。

 

早速、その施術を行ったという人がいたので話を聞いて、私も実際にその美容整形外科のホームページを見てみました!

 

一番の印象は、「こんなに簡単に、しかもメスも使わずにボディメイキングできちゃうんだ!しかも脂肪吸引ほど高額でもなく、手軽に始められそう・・・」という、自分にもできちゃうんではないかというくらい、お手軽な内容でした。

 

まず、ダウンタイムが1週間程度あるので施術の後には、スポーツや旅行の予定は控えたほうが無難そうです。まず、先生もしくはカウンセラーの方としっかり施術内容について確認し、不安なことがあったら逐一聞きましょう。

 

いくら簡単な施術とはいえ、自分の体に注射して、やせる成分を入れるわけですから、成分についても詳しく聞きましょう。もし答えてくれないようならば、何を混ぜているか正直分からない医院もあるので、カウンセリングだけにとどめておいたほうがよいでしょう。

 

カウンセリングを済ませ、同意した後はベッドに横たわり早速気になる部分に注射をしていきます。ものによって違うのですが、ボツリヌス菌を打つと、筋肉の力を弱めてくれるので、固太りしているまたは筋肉が大きすぎて嫌だという人にもってこいです。

そして、脂肪分解の成分が入っている注射に関しては、運動は嫌いだけどやせたい、脂肪が多くてでも脂肪吸引は怖いし・・・という人にうってつけです。自分がどちらのタイプかによって使い分けるとよいかもしれませんね。そして、どの施術もそうなのですが、終わったあとは鈍痛や筋肉痛のような症状が現れます。

 

ちょっぴり不安にはなるかと思いますが、これは美しくなるための段階のひとつだと思っておとなしく、乗り切りましょう。美容整形といえど、顔だけでなくボディもメイキングできるなんて魅力的ですよね。

最近女性でも、肉食女子なんていう言葉がはやるくらい、女性が強くなってきているそうですが、周りの女性もお酒や大肉が大好きな方がとても多いです。しかも、日本ってとってもお酒が手に入りやすい上に、手ごろな価格でのめるのでついつい毎日でも、ふらっと行きつけの店に寄って・・・なんてできてしまうのですよね。

 

でも、そんな毎日を続けていたらあっという間に、体形が崩れてしまいますし、食事も栄養面が偏っていいことがないですよね。でも、最近そんな食事の脂分だけを排出してくれるおくすり(薬っていうとなんだか重い感じがしてしまいますが・・・)が美容整形外科でも簡単に手に入るようになりました。

 

どんな内容のお薬か詳しく調べてみたのですが、まず最初に言えることはとても安全で安心で安価だということです。なぜそこまで言えるかというと、その「ゼニカル」というクスリはスイスの製薬会社「ホフマン・ラ・ロシュ社」で開発されて(スイス開発ってだけでなんか安心してしまうのは私だけ?)現在アメリカでは、肥満治療薬として認可されているのです。

 

残念ながら日本では認可されていないので、簡単に手に入るわけではないのですが、日本の美容整形外科だといくつかの医院で手に入れることができます。

 

そして、なぜやせるのかというと、脂肪を体内に蓄積しようとするリパーゼの動きを阻止してくれるからなのです。

 

そして、食事から摂取した油分の30%を体外に排出してくれるので、脂っこい食事をしたとしても、脂肪として蓄えられることなく便として排出されます。

 

そして、このゼニカルですが、一番見つけた安い整形外科で1粒100円から手に入れることができました。

 

とっても安いので、驚いてたくさんのカウンセリング料をとられるのでは?と電話で問い合わせてみましたが、特に手数料もかからず純粋にゼニカルの購入する粒分の代金でよいそうです。会社の飲み会が立て続くことや、大事なイベントの前にこのゼニカルを一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

初めての美容整形外科

| 未分類 |

整形したわけではないのですが、先日生まれて初めて美容整形外科へ行ってきました。美容大国韓国だと、整形外科に入ることは、全くといっていいほど抵抗がないのですがやはりここは日本。

 

少し緊張と、プライバシーがきちんと守られているのかが気になって、ソワソワしてしまいましたが、無事に初美容整形外科デビューをしました。もし、この記事を読んで、美容整形外科に行きたいけれど最初の一歩が踏み出せない。なんていう人に、参考になったらいいなと思います。

 

さて、なぜ私が美容整形外科に行こうと思ったかというと、前にも書いたのですがダイエットのお薬「ゼニカル」を手に入れるために、一番安くて名前も誰しもが聞いたことのある、大手の医院に行くことにしたのです。

 

ゼニカルは、他の医院でも扱っているので、薬の成分は変わらないわけだし、どの医院でもよかったのですが値段が何より安かったことと、予約がスムーズであったこと電話の対応が丁寧だったので、そこに決めました。駅に近いっていうのも、選んだひとつの理由かもしれませんね。

 

そのようにして、まずは電話で予約をとり、料金の説明も聞きました。(行ってからカウンセリング料金として数千円とる医院もあるので、確認しておいたほうがよいです。今回の私のケースだと、クスリは数百円で購入できるのにカウンセリング料が高いと、バカらしい金額になってしまいますから。)

 

そして、実際に医院に入ると、やはり高級なフロントと受付の女性が半個室に案内してくれました。ちなみに、半個室ですが、フロントにはお客さんが何人かいるので、顔を合わせる形にはなってしまいます。そして、その越して腕料金の説明を受けて、番号を呼ばれたら、診察室へ入ります。

 

先生からゼニカルの飲み方についての説明があり、他にダイエットのクスリも勧められましたが、今回はゼニカルだけ購入したかったので、値段の説明を聞いて終わりです。そして、看護師さんからお薬の飲み方の説明を受け、またフロントでお支払いをしたら終了です。

 

意外とあっという間で、しかも思っていたよりも緊張感なくそして敷居も高くなく入ることができたので、もし迷われている方がいたら背中を押して上げたいなあ。なんて思いました。