初めての美容整形外科

| 未分類 |

整形したわけではないのですが、先日生まれて初めて美容整形外科へ行ってきました。美容大国韓国だと、整形外科に入ることは、全くといっていいほど抵抗がないのですがやはりここは日本。

 

少し緊張と、プライバシーがきちんと守られているのかが気になって、ソワソワしてしまいましたが、無事に初美容整形外科デビューをしました。もし、この記事を読んで、美容整形外科に行きたいけれど最初の一歩が踏み出せない。なんていう人に、参考になったらいいなと思います。

 

さて、なぜ私が美容整形外科に行こうと思ったかというと、前にも書いたのですがダイエットのお薬「ゼニカル」を手に入れるために、一番安くて名前も誰しもが聞いたことのある、大手の医院に行くことにしたのです。

 

ゼニカルは、他の医院でも扱っているので、薬の成分は変わらないわけだし、どの医院でもよかったのですが値段が何より安かったことと、予約がスムーズであったこと電話の対応が丁寧だったので、そこに決めました。駅に近いっていうのも、選んだひとつの理由かもしれませんね。

 

そのようにして、まずは電話で予約をとり、料金の説明も聞きました。(行ってからカウンセリング料金として数千円とる医院もあるので、確認しておいたほうがよいです。今回の私のケースだと、クスリは数百円で購入できるのにカウンセリング料が高いと、バカらしい金額になってしまいますから。)

 

そして、実際に医院に入ると、やはり高級なフロントと受付の女性が半個室に案内してくれました。ちなみに、半個室ですが、フロントにはお客さんが何人かいるので、顔を合わせる形にはなってしまいます。そして、その越して腕料金の説明を受けて、番号を呼ばれたら、診察室へ入ります。

 

先生からゼニカルの飲み方についての説明があり、他にダイエットのクスリも勧められましたが、今回はゼニカルだけ購入したかったので、値段の説明を聞いて終わりです。そして、看護師さんからお薬の飲み方の説明を受け、またフロントでお支払いをしたら終了です。

 

意外とあっという間で、しかも思っていたよりも緊張感なくそして敷居も高くなく入ることができたので、もし迷われている方がいたら背中を押して上げたいなあ。なんて思いました。