最近女性でも、肉食女子なんていう言葉がはやるくらい、女性が強くなってきているそうですが、周りの女性もお酒や大肉が大好きな方がとても多いです。しかも、日本ってとってもお酒が手に入りやすい上に、手ごろな価格でのめるのでついつい毎日でも、ふらっと行きつけの店に寄って・・・なんてできてしまうのですよね。

 

でも、そんな毎日を続けていたらあっという間に、体形が崩れてしまいますし、食事も栄養面が偏っていいことがないですよね。でも、最近そんな食事の脂分だけを排出してくれるおくすり(薬っていうとなんだか重い感じがしてしまいますが・・・)が美容整形外科でも簡単に手に入るようになりました。

 

どんな内容のお薬か詳しく調べてみたのですが、まず最初に言えることはとても安全で安心で安価だということです。なぜそこまで言えるかというと、その「ゼニカル」というクスリはスイスの製薬会社「ホフマン・ラ・ロシュ社」で開発されて(スイス開発ってだけでなんか安心してしまうのは私だけ?)現在アメリカでは、肥満治療薬として認可されているのです。

 

残念ながら日本では認可されていないので、簡単に手に入るわけではないのですが、日本の美容整形外科だといくつかの医院で手に入れることができます。

 

そして、なぜやせるのかというと、脂肪を体内に蓄積しようとするリパーゼの動きを阻止してくれるからなのです。

 

そして、食事から摂取した油分の30%を体外に排出してくれるので、脂っこい食事をしたとしても、脂肪として蓄えられることなく便として排出されます。

 

そして、このゼニカルですが、一番見つけた安い整形外科で1粒100円から手に入れることができました。

 

とっても安いので、驚いてたくさんのカウンセリング料をとられるのでは?と電話で問い合わせてみましたが、特に手数料もかからず純粋にゼニカルの購入する粒分の代金でよいそうです。会社の飲み会が立て続くことや、大事なイベントの前にこのゼニカルを一度お試ししてみてはいかがでしょうか?